英語が出来ないへたれエンジニアがアメリカのSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)に行ってみる(まだまだ準備編)

icon-calendar 2018/3/11 イベント

どうもへたれエンジニアです、うっかり航空券とSXSWのチケットをとってしまった為、準備をしはじめましたが一向に終わりません。
ことの始まりは↓をチェック

http://marublo.com/prepare_of_sxsw http://marublo.com/prepare_of_sxsw_2

情報収集しにいこう

ともかく全体像がWebを見ても一向に把握できない・・・・と不安になったので「【#Japan@SXSW2018】Meet Up & 出展社Showcase in Tokyo」に参加してみることにしました

https://peatix.com/event/342057

行ってみると平日にも関わらず200名程度の人が!

望月重太朗さん
参加者、出展者ともに「未来との接点」を作る、大きなイベントである一種の統制がとれないカオス感がある。
その中で未来との接点を作るには目的を持って、しっかり準備をすることの重要性を説明してくれました。

noteにこちらのプレゼン内容をまとめていただいているみたいなので貼っておきます

https://note.mu/jyushok/n/n88fb5cb79272

その他スピーカーの皆さんの細かいTipsもちりばめられていて大変参考になりました!
・SXSWのアプリは必須、気になる人のブックマークを見に行って参考にすれば面白いものはチェックできる
・LinkedInのメンテナンスを行く前にしておいたほうが良い(連絡先交換をすると意外に見られますよとのこと)
・人気のセッションは30分前にならんでも入れないこともあるので時間に余裕を持って!
・オースティンは美味しいBBQの店が多いので是非「食」も楽しんで。
・ともかく最後は楽しむこと

最後に日本から出展予定の人たちの紹介がありました。大企業からベンチャーまで50社くらいあった気がしました。気になる出展社をメモしました。

正直、目的意識みたいな部分が希薄で勢いでポチったところもあったので、このmeetUpイベントは参加しておいて良かったです。

僕の場合、「技術がわかる企画屋」を目指しているのですが、年々視野が狭くなっているなぁ〜だったりとか
刺激が減っているなぁと思っていたりするので3つくらいを目標を持って乗り込みたいと思います。

・新しい技術やネタを見て、感じてくる。
・30代にどんな役割で働いていたいのか今一度見てくる
・いろいろな人と喋って英語がしゃべれない実感値を掴んでくる(臆さず話してくる!!)

準備再開

結構細かいことをやっておきました

・自分のLinkedInのアカウントメンテ
・Githubのリポジトリ整理
・個人の上記のURLが入っている名刺を用意
・事前に自分のチケットとSXSWのアプリを紐付けておく
・自分のSXSWのアカウントに顔写真をアップロードしておく(チケット受け取りのときの本人認証として必要)
・バッグパックのレインフードカバーを買った

さて・・・・・・・

行ってきます〜

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)