エンジニアリング

googleのMap APIが気づいたら登録必須になっていた・・・・・

どーもへたれエンジニアです、久々にgoogleのMap APIを使って遊ぼうと思ったらAPIキーの登録がマストになっていたのでまとめてみました。
今までは登録不要で使うことが出来たのに・・・・・

いつから変わった?

下記の記事通り2018年の6/11から Google Cloud 内に Google Map Platformとして生まれ変わった模様
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/1124760.html

登録方法

Google アカウントログイン状態のママ Google Cloudへ行きコンソールへ

スクリーンショット 2019-01-02 12.00.53

左上のプロジェクトの選択から新しいプロジェクトを作成

スクリーンショット 2019-01-02 12.01.31
スクリーンショット 2019-01-02 12.01.51

プロジェクト名を設定 これでAPIキーが作成される

スクリーンショット 2019-01-02 12.02.10
スクリーンショット 2019-01-02 12.03.40

スクリーンショット 2019-01-02 12.03.49

ここから必要なAPIを有効にしていく、APIとサービス > ダッシュボード > APIとサービスの有効化

スクリーンショット 2019-01-02 12.04.41

APIを検索 > クリック > 有効にする これで有効化される

スクリーンショット 2019-01-02 12.05.23 スクリーンショット 2019-01-02 12.05.38

APIは利用するときは APIとサービス > 認証情報からAPIキーを確認する

そのあと developers guideを見て実装

    <script src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=YOUR_API_KEY&callback=initMap"
    async defer></script>

※注意点  月200USドルの無償枠のコール数を超えると有料になるので注意してください!

最後に・・・

時代の流れかなぁ・・・登録不要のAPIがドンドンなくなっていく・・・・・